ニュース

お知り合い

  • ちーちゃまさん
    猫仲間のおひとりです。
  • silverさん
    ええと、不思議なものやあ~んなものに興味があればどうぞ。
  • 凍夜さん
    猫好きの人はいかなければならない。 しかし、これでうまく表示されるのか?
フォト

最近のトラックバック

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

« 2008年8月 | トップページ | 2009年2月 »

2008年11月20日 (木)

『東京少年』     小林信彦

新潮文庫

よい

東京都日本橋区にある老舗の跡取り息子。昭和十九年八月、中学進学を控えた国民学校六年生の彼は、級友たちとともに山奥の寒村の寺に学童疎開することになった。閉鎖生活での級友との軋轢、横暴な教師、飢え、東京への望郷の念、友人の死、そして昭和二十年三月十日の大空襲による実家の消失、雪国への再疎開……。多感な少年期を、戦中・戦後に過ごした小林信彦が描く、自伝的作品。



オヨヨシリーズで小林信彦のファンになったわたしがシリーズを読み終えたあとでしたことは、それ以外の作品を読むことであった。ファンとして極めてまっとうなこの態度によって、当時は入手可能であった角川文庫版の『虚栄の市』、『監禁』、『パパは神様じゃない』、『つむじ曲がりの世界地図』なども読むことができた。

読んだのが小学5年か6年生くらいだったので、『虚栄の市』だけはうまく理解できなかったが、小林信彦を本格的にすきになったきっかけの作品が『冬の神話』であった。この作品は、集団疎開の小説である。

うらみは忘れませんよ大声の発表は信用しませんよ、という読み取り方もアリだが、わたしはシビアな学級小説・群像小説として読んだ。
子どもだからといって、みんな仲良く朗らかにというのは大嘘なのだ。

そのような小説の小説的なツクリゴトを排除し、モチーフとなる作者が経験したことを周囲の人間に迷惑がかからない程度にわかりやすく改変したのが本作『東京少年』ではないか。

だから、『冬の神話』では標語が入選したことを主人公に伝えた翌日に陰湿ないじめのシーンがあったのだが、それがカットされていたし、和菓子屋の商品の半分は食べたのではないかと小林の作品で書かれていた祖母の存在がカットされている。東京大空襲で残った地下室で、使用人が金魚を養殖していたシーンもない。

第Ⅰ部では『冬の神話』と重なる集団疎開のときを、第Ⅱ部では縁故疎開のときの話をしている(おそらくこちらは小説化はされていない)。小林信彦ファンとしては、この第Ⅱ部がありがたい。

解説の坪内祐三はこの作品をノンフィクション小説と評しているが、ノンフィクションと小説のはざま、どちらかというとノンフィクションより、ではないだろうか。それはこの作品全体から感じられる知っているものから知らないものへの残さなければならない記録のひとつという印象が強いからである。軍需産業に対して平和産業ということばがあることを初めて知った。

« 2008年8月 | トップページ | 2009年2月 »