ニュース

お知り合い

  • ちーちゃまさん
    猫仲間のおひとりです。
  • silverさん
    ええと、不思議なものやあ~んなものに興味があればどうぞ。
  • 凍夜さん
    猫好きの人はいかなければならない。 しかし、これでうまく表示されるのか?
フォト

最近のトラックバック

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

« Ad-Aware2008 | トップページ | 『東京少年』     小林信彦 »

2008年8月11日 (月)

『海辺のカフカ』   村上 春樹

新潮文庫  上下巻

ふつう

読み終わってかなりがっかりした。もちろん、よかったところもあるので「ふつう」の評価にしたが……。

まず上巻で、「世界でいちばんタフな15歳の少年」の物語だと読者に期待させているのだが、ちっとも「世界でいちばんタフな15歳の少年」の物語だとは思えなかった。それとも作者はあれくらいで、世界でいちばんタフな15歳の少年を描いたつもりなのだろうか?

もちろんタフな場面もあるのだが、それは下巻になってからの一部であって、上巻ではほとんどタフな場面などない。まさか、家出くらいでタフだと作者やほかの読者は思っているのか。

上巻に関しての欠点はもうひとつ。「猫殺し」のシーンである。あれがこの小説にとってどれだけ必要なシーンなのか、読み終えたあとでもわからなかった。

下巻に関してはそれほどの欠点はないが、第42章355ページ以降(「入り口の石」以降)の小説としての説得力が弱い。もっと短編であれば読者を眩惑させることもできたのかもしれないが、わたしにはそれ以降は下手なつじつまあわせにしか見えなかった。

それと、魅力的なキャラクターであるナカタさんがどうしてナカタさん状態になったのかが、上巻で必要以上に長く説明らしき文章があって、それも下巻でカタがつくのかと思いきや、そちらのほうはほとんど展開がなかった。あれだと説明にはなっていない。虚飾・粉飾である。

セリーヌの『なしくずしの死』か『世の果ての旅』のどちらか、もしくはその両方と印象が似ていると思うが、セリーヌの作品よりはずっと下である。

« Ad-Aware2008 | トップページ | 『東京少年』     小林信彦 »

コメント

凍夜さん
キングに関してわたしは『キャリー』ともうひとつくらいしか読んでおりません。別名で出したということは、おそらく「本の雑誌」あたりでしいれた知識です。

まぁ、確かにそっちの方が有名っぽいかも知れませんね(^_^;
後、私、法廷ものも結構好きで読んでます。
パトリシア・コーンウェルの検死官シリーズも好きです。
本当、面白い。
後、アイリス・ジョハンセン、サンドラ・ブラウンとか、とにかく彼女達の書くものって、本当にドラマですよぉ
しかもリアリティがあり、社会現象の問題等もそれとなく人物背景の中にうまく取り入れていて、本当に読んでいて飽きませんね。
また、台詞も気が利いているし・・・
だからこそ、日本の出版にうんざりしている私にとっとは向こうの方が面白いと感じるのでしょう(^_^;

また、スティーブン・キングを引き合いに出して悪いのですが、本当の意味で面白い作品なら、有名無名を問わず読者を惹き付けるはず。
だから、キングの場合、悪いけれど、それだけの力不足だったのでは・・・・と思えますが・・・(^_^;
ということは、最初は彼も本当に面白いものを書いていたのでしょう。無名だったときには。
でも、今のように名前が売れたとき、反対にその実力がちょっとねぇ・・になり、今は名前で売れる時代になった分、その奢りが出たのでは?・・・
まぁ、勝手な憶測で申し訳ないですが(^_^;

凍夜さん
失礼しました。ネットで検索したらそういうことが書いてあったもので……。

ハ-レクインにも書いてますがそちらがメインではないですよ
本来はサスペンス、ミステリーが主ですから
この二人は・・・
ハーレクインはこの二人には遊びというか楽しみで書いているだけですよ
それと依頼があるから書いているだけ
ジェイン・アン・クレンツはSFも好きで書いてますよ
だからハークイン系だとひとくくりにしない方が良いですよ

凍夜さん
すいません、ちょとハーレクイン系の作家はわかりません。

何回も分けて書いて済みません
彼女達の別名、実は私は本を読んだ後で知りましたよ。
つまり、あらすじが面白そうなので読んでみたらヒットしちゃい、その後、実は別名での作品だったと知ったわけですね。
だから、スティーブン・キング、私は読んでないから何とも言えないけれど、まぁ、推測だけど、結局、キングには彼女達のように別名でも読者を惹き付けるだけの実力が不足していたということでは?
彼女達は、キングのように試してみようという気持ちじゃなく、ただ単に、別名を使っているのはジャンルが違う。
結婚前と後で違う。現代物とヒストリカル(歴史物)とでなどのように、別名を使い分けているだけなんですよ。
それなのに、こうして別名であることを知らない読者までも惹き付け、それがランクインするというのは本当の実力なのでは?

日本のは本当ただの売名行為ですから(^_^;
実力なんて皆無でしょうね。
ちょっとテレビに出て名前が売れている。その力で売れているだけですから・・・
彼女達のような真似をしても絶対に無理というものでしょう(^_^;
まぁ、しないだろうけれど
中には売名行為でやる連中もいるかもね(爆

他にもベストセラーリストの常連ノーラ・ロバーツ、この方はJ・D・ロブという別名で出してますが、同じく別名でベストセラーリストにランクインしてますよ。
実力の違い?・・(^_^;
良くわかんないけれど

私の好きな作家でニューヨークタイムズベストセラーリストにいつも上位30位以内に入っているジェイン・アン・クレンツ(またはジェイン・A・クレンツ)という作家がいます。
この方、7個ほどのペンネームを使い分けていますが、それでもベストセラーリストに別名でもランクインしてますよぉ(^_^;
スティーブン・キングは読んだことないけれど・・・やはり、なんか問題があって売れなかったのかもね(^_^;

凍夜さん
ああ、むかしスティーブン・キングもそのことを試してみたくて別名で出したことがありましたね。結果はやはり、よくなかったようです。

本当、その通りですね。
だって、有名じゃなかったら、無名でその有名人が書いたとしても誰も見向きもしないと思うんですよ。
それに本人が本当に書いたか怪しいものだしねぇ(^_^;
そんなこんなですっかりうんざり。
それに踊らされる方を見るのもうんざりといった具合です。

凍夜さん
なんかますますだめな状況になりつつあるのではないかとも思えますね、日本の出版界は。

そうそう、ただ出版社側が売るために人気を煽っているだけという物があまりにも多すぎますね。
その駄作をちょっと有名人が書いただけと言うことでありがたがる方もどうかと思うのだけどね(^_^;
そんなこんなで、今は日本の小説を読む気力がありませんです

凍夜さん
売れているからって、おもしろいとはかぎりませんもんね。

裏切られたと言うよりも、知人がこれ売れているからと貸してくれた本、つまり、人気の本でしたが、それのいずれを読んでもつまらないものでした。
で、どうして、こんなものが人気なの~~~~と思っちゃいました。
それですっかりうんざりしてしまったんですよ。

凍夜さん
過激なご意見ありがとうございます。
日本のとひっくるめているのが気になりますが、よほど裏切られたのでしょう。

村上さんの本は昔、チラ読みをして、そのまま投げちゃいました。
ファンの人には申し訳ないけれど、私の好みじゃなかったです(^_^;
というより、どうして、この人の作品が人気あるのか。未だにさっぱりです。
といっても、この人のだけではなく、日本の場合は実力なしの人気先行だけの作品が大手を振っているような気がして、読む気がなくなりました(..;)

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/168635/22909097

この記事へのトラックバック一覧です: 『海辺のカフカ』   村上 春樹:

« Ad-Aware2008 | トップページ | 『東京少年』     小林信彦 »