ニュース

お知り合い

  • ちーちゃまさん
    猫仲間のおひとりです。
  • silverさん
    ええと、不思議なものやあ~んなものに興味があればどうぞ。
  • 凍夜さん
    猫好きの人はいかなければならない。 しかし、これでうまく表示されるのか?
フォト

最近のトラックバック

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

« 2008年3月 | トップページ | 2008年6月 »

2008年4月22日 (火)

『攻殻機動隊 STAND ALONE COMPLEX Solid State Society』

よい

神山健治 監督
声の出演 田中敦子、阪脩、大塚明夫、山寺宏一、仲野裕、大川透、小野塚貴志、山口太郎、玉川紗己子、榊原良子

西暦2034年。難民蜂起事件から2年が経過していた。
新人20名を増強した新生公安9課に新たな事件が舞い込んできた。
梵の刺青を入れた13人のテロリストの連続自殺事件に絡む空港人質立て篭もり事件の鎮圧だ。
結果、公安9日に追い詰められた立て篭もり犯は、「傀儡廻(くぐつまわし)が来る」と言い残し自ら命を絶ってしまった。
時を同じくして数々の難事件が同時に多発していく・・・その影に潜むウィザード級ハッカー「傀儡廻」の存在。
新生9課の前に次から次へと立ちはだかる難事件すべてが芸術的にリンクしていく。
「傀儡廻」とは?バトーと素子は?「傀儡廻」と素子の関係は?全ての事件の犯人は?そして結末は?
謎が謎を呼ぶSolid State Society。

Pdvd_546

映像・音楽ともに力のはいった作品。
ではあるが(笑)、話が弱い !!


まず、この作品をいきなり観てもおそらくわかりづらい作品という感想になってしまうだろう。
できればテレビシリーズを観てからの鑑賞にしてもらいたい。
わたしの場合、2nd GIG の7巻まで観たところでの視聴だったが、設定にとまどうようなことはなかった。

わたしのいう話の弱さとは、ソリッドステートというわかりにくい言葉の扱い方だとか、「傀儡廻」の正体の説明の弱さを指す。
ほかにもトグサが自殺しかけるのは理解できるが、怪しい人物たちが次々と自殺するのはなぜなのかわからんし、素子が重要人物とすれ違う場所がどういう場所なのか(おそらく擬体の交換場所なのだろうが説明が足りない)わからん。

見せ場もかなりあるし、シリーズのファンとして十分な満足感も得られたが、ストーリーが残念な作品でもあった。

2008年4月 6日 (日)

パソコンが返ってきた

5年前のノートパソコンなのでしかたないかもしれないが、5年間で液晶の故障が2回(今回が2回目で、全体的に赤みがさした感じで電源を入れたときのSONYのロゴが濃いピンクになっていた)というのは多いのではないか。

ショップのオプション5年延長保証ぎりぎりであったから、無料であったが。

気になったことがある。

修理に出しているときにショップから留守電にはいっていた。

「液晶の故障は確認できてそれは保証内で無料でできますが、パームレストにヒビがあり、それを直すのに6800……」

というメッセージだった。

問題はわたしがショップに持って行った時点で、そんなヒビはなかったということだ。

ショップに電話をかけたが、担当者は留守電のメッセージと同じことしか言わない。

少々腹をたてて、すこし乱暴に言った。
「ショップに預けた時点でそのようなヒビはなかったし、そちらの受付カウンターの人もそれを見ているはずです(伝票の名前を伝える)。パームレストとはタッチパッドの左右どちらかだと思いますが、場所の特定と損傷の程度をもう少し教えてもらえないと、こちらとしてもどう対応していいのか判断に困ります」

約10分後、返事があった。
ヒビは内部のビスの部分で使用するのに支障はないらしい(ちなみに原因は経年劣化だそうだ)。

使用するのに支障はなくて、外見が問題なければそれは不要だ。
それはナシでお願いしますということで、電話を終えた。

そして今日戻ってきたわけだが、なぜかおニューの筐体になっているようである。液晶を交換したから、上ブタ部分は交換したのかもしれないが、なぜか下の部分の下側(底部)も新品のようである。なぜわかったのかというと、ヒビがはいった(らしい)底部とビスが別添えしてあったからである。

これで無料である。オプション保証ははいっておくべきだ。

« 2008年3月 | トップページ | 2008年6月 »