ニュース

お知り合い

  • ちーちゃまさん
    猫仲間のおひとりです。
  • silverさん
    ええと、不思議なものやあ~んなものに興味があればどうぞ。
  • 凍夜さん
    猫好きの人はいかなければならない。 しかし、これでうまく表示されるのか?
フォト

最近のトラックバック

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

« 予防接種 | トップページ | 売り切れたDVDを求めて »

2007年12月16日 (日)

東京奇譚集    村上春樹

よい

新潮文庫


村上春樹は偉大な小説家=偉大なホラ吹きというイメージがあってそれは今でも変わりないのだが、冒頭にそれを否定するような文章がある。

そこで語られる「不思議な出来事」が実際に起きたのかそれも含めて村上春樹のうそなのかには興味がない。そんなことを考えても答えは出ないし、それくらいのことは誰にでも起こることだし。

しかし、この短編集の最後に収められている『品川猿』だけは、その前までの四つの作品とは毛色がちがって明らかにウソ度が上がっている

元々うそつき人間の作品のウソ度が上がろうが下がろうが、それはどうでもいいことなのかもしれないが、この作品内容は冒頭のことばと食い違い、読者に混乱を与えるかもしれない。

混乱を与えるのも小説家の仕事かもしれないが。

細部はおもしろいが本筋がない『どこであれそれが見つかりそうな場所で』はわたしの好みではないが、どの作品も一定の基準(買って読んでよかったと思える基準)を超えていると思う。

« 予防接種 | トップページ | 売り切れたDVDを求めて »

コメント

榎俊幸さん
こんにちは。はじめまして。
『東京奇譚集』のオビをはずして、ページをめくると、
カバー装画 榎 俊幸
とありました。
びっくりしました。
村上春樹の本に使われているイラスト、絵の評判はむかしから高く、この作品もその例にもれないと思います。
静かな感じの中心にヒトクセありそうな猿、オビははずしたままにしておきます(笑)。

「東京奇譚集」を読んでいただきまして有難うございます。
カバーの「猿の絵」も気に入って貰えると嬉しいです。
これからも宜しく(´・ω・`)ノENOKI

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/168635/9434463

この記事へのトラックバック一覧です: 東京奇譚集    村上春樹:

« 予防接種 | トップページ | 売り切れたDVDを求めて »