ニュース

お知り合い

  • ちーちゃまさん
    猫仲間のおひとりです。
  • silverさん
    ええと、不思議なものやあ~んなものに興味があればどうぞ。
  • 凍夜さん
    猫好きの人はいかなければならない。 しかし、これでうまく表示されるのか?
フォト

最近のトラックバック

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

« 2007年4月 | トップページ | 2007年6月 »

2007年5月26日 (土)

とか思ってるよ(BlogPet)

へろへろが
東京人の極端な猫というものを学んだのも小林信彦からだったということが確認できた。
とか思ってるよ。

*このエントリは、ブログペットの「むじょう」が書きました。

2007年5月22日 (火)

猫の里親募集 !!

ベリーさんが猫の里親さんを探しています。

興味がある方はこちらのページに行ってみてください。

http://myhome.cururu.jp/aoimeberry/blog/article/21001166744

実際の仔猫の写真もあります。

2007年5月20日 (日)

閉店

いつも利用しているレンタルビデオ屋さんが閉店することになった。

5月いっぱいらしい。

ここはそれほど大型店というわけではないが、初期のスタッフに映画好きがいたらしく、ジム・ジャームッシュや小津安二郎の作品がかなり置いてあったのだ。

この店の前によく利用していた店はすでになく、どうやら淘汰がはじまっているようだ。

小規模店ならば近くにもあるが、当然取り揃えに不満がある。

わたしが納得できるくらいの店はぜんぶ遠いんだよなぁ~。

2007年5月18日 (金)

へろへろは通産を経験するはずだったの(BlogPet)

きょうむじょうが機会が処分したかったの♪
東京までビックリしたかったみたい。
へろへろは通産を経験するはずだったの。
東京までへろへろと東京へビックリしたいなぁ。
東京に落語確認すればよかった?
へろへろで掲載したかった。


スーパーで買った。


200gで298円。


ブラックミッションというのはいちぢくの種類のひとつらしい。


ネットで調べたら、モノによっては漂白剤や油を使っているかもしれない。


英語ではフィッグ(a f i g)というのだ。




*このエントリは、ブログペットの「むじょう」が書きました。

2007年5月11日 (金)

とか思ってるの(BlogPet)

半分にしやすくなっているのに、栗が一個しかのっていないぞ


あとね、せめて半分にしやすくなってくれないと
ネットで悪くはないが、悪くはないと、広い
味とか、大きい
ペアと好みなど悪くはない好みと、
味や
味や好みなどを意味しなかったよ


味は酸味があって、わたしの♪
とか思ってるの。


*このエントリは、ブログペットの「むじょう」が書きました。

2007年5月 9日 (水)

名人   志ん生、そして志ん朝     小林信彦

よい。

文春文庫

わたしが雑誌『ブルータス』を読むようになったのは、通産11号の対談特集からだった。その号に載っている小林信彦と古今亭志ん朝の対談が目当てだった。当時から小林信彦のファンだったわたしは、彼の名前が出ているものはできるだけ買うようにしていた。

掲載されていた内容は忘れてしまったし、掲載された雑誌もわたしが実家を離れている間に処分されていた(ついでにいえば、本の雑誌の11号以降や、ビックリハウスも)が、これによって古今亭志ん朝の名前も覚えるようになった。

名前を覚えても生で志ん朝の落語を聞ける機会はなかったが、テレビやラジオでかん高い声でせっぱつまった人間を演ずる姿が好きになった。

後日、東京某所でエレベーターに乗り込もうとしたわたしは、正面に志ん朝さんがいるのを見て目が点になり足がとまったが、その隙にドアを(おそらく)お付きの人に閉められてしまい、ペコリと頭を下げられたという貴重な経験がある。

本に関して言えば、落語に興味がない人にはおすすめできないが、夏目漱石に興味がある人は第四章だけでも読む価値はある。

第二章と第三章以外は、読むのはおそらく二度目だが、こういうふうにまとめられたものを読めるのもありがたい。

東京人の極端な照れというものを学んだのも小林信彦からだったということが確認できた。

2007年5月 4日 (金)

いつも(BlogPet)

いつも、へろへろは
たまたまパンプキンで飲み会があって、パンプキン出身の女性を嫁にした者がいたので、そのケーキを持ってきてくれた。
って言ってたけど…

*このエントリは、ブログペットの「むじょう」が書きました。

2007年5月 2日 (水)

パンプキンの天草ロール

熊本の天草(あまくさ)というところに、ケーキ工房パンプキンというのがあって、そこのロールケーキがかなりの人気らしい。

たまたま天草で飲み会があって、天草出身の女性を嫁にした者がいたので、そのケーキを持ってきてくれた。

いつも売り切れが多いので、わざわざ予約してくれていたらしい。

まず、超巨大である

ネットで調べると50cmらしい。それが箱に入ってさらに大きい。

お店の人もかなりこだわりがあるらしく、食べる時間を聞いて出来上がりを調整してくれたらしい(どうしても一時に食べるのは無理な量なのだが)。

家にもどってさっそく食べてみた。

クリームとスポンジのバランスが最高である。どっちかだけなら、ここよりうまいのはかなり多いと思われるが、スポンジの皮がパリパリしていて、ちょっと酸味のあるクリームとベストマッチである。

一日おくと、スポンジがしっとりしてふつうのロールケーキになっていたが、それもうまかった。

« 2007年4月 | トップページ | 2007年6月 »